お手入れ・メンテナンス

【保存版】ショルダーバッグの長さ調節、素材別のやり方

ショルダーバッグは便利なアイテムですが、長さが合わないと肩や首に負担がかかり、使い勝手が悪くなってしまいます。

でも、ショルダーバッグの長さ調節は意外と簡単。自分でできるやり方やプロに頼む方法など、様々な選択肢があるんです。

この記事では、ショルダーバッグの長さ調節の基本から、素材別のコツ、プロへの依頼方法まで、詳しく解説します。

ぴったりの長さに調節して、ショルダーバッグをもっと快適に使いこなしましょう!

この記事のポイント

  • 自分でショルダーバッグの長さを調節するなら、金具の使用や縫製、結び方などの方法がある
  • 革製や布製のバッグ素材に合わせて、適切な長さ調節方法を選ぶことが大切
  • プロに依頼する場合は、バッグ修理専門店や革製品専門店に相談するのがおすすめ
  • 快適に使うには、自分の体型に合ったショルダーバッグの長さを見つけることが重要

ショルダーバッグの長さを自分で調節する方法

ショルダーバッグの長さ調節、素材別

ショルダーバッグの長さが合わない時は、自分で調節することができます。ここでは、ショルダーバッグの長さを自分で調節する方法をいくつかご紹介します。

ショルダーバッグの長さ調節に使える金具

ショルダーバッグの長さ調節に使える代表的な金具として、バックルナスカンなどがあります。これらの金具を使えば、簡単にショルダーバッグの長さを調節することができます。

例えば、100円ショップなどで販売されているプラスチック製のバックルを使えば、低コストで長さ調節ができます。また、ナスカンを使う場合は、紐の端にナスカンを付けて、バッグ本体側のDカンなどに引っ掛けると良いでしょう。

金具を使った長さ調節は、どのくらいの強度があるのでしょうか?重いものを入れても大丈夫ですか?

金具の強度は、素材やサイズによって異なります。プラスチック製の金具は軽量のバッグに向いていますが、重いものを入れると外れてしまう可能性があります。一方、金属製の金具は丈夫で、重いものを入れても問題ありません。バッグの用途に合わせて、適切な金具を選ぶことが大切ですね

革のショルダーバッグの長さが調節できないときの対処法

革のショルダーバッグは、長さ調節ができない場合があります。その場合は、革専用の接着剤を使って、紐を短くする方法があります。

具体的には、まず紐の内側に接着剤を塗ります。次に、紐を折り返して接着剤を付けた部分同士を貼り合わせます。最後に、クリップなどで挟んで乾燥させれば完成です。ただし、接着剤を使う場合は、革の色落ちや硬化に注意が必要です。

布のショルダーバッグの長さが調節できないときの対処法

布のショルダーバッグで長さ調節ができない場合は、紐の内側を縫う方法があります。

まず、紐の内側を折り返して、縫いたい長さに合わせます。次に、ミシンや手縫いで折り返した部分を縫います。縫う際は、元の縫い目と同じ幅で縫うのがポイントです。また、縫い終わったら、アイロンで折り返した部分をしっかりと折り目付けしましょう。

長さ調節ができないショルダーバッグの紐の結び方

長さ調節ができないショルダーバッグの紐は、結んで長さを調節する方法があります。代表的な結び方は、「本結び」です。

本結びは、紐の片方の端を輪っかにして、もう片方の端を輪に通して引き抜くだけの簡単な結び方です。結んだ後は、紐の端を引っ張って、しっかりと締めましょう。本結びなら、結び目がほどけにくいので安心です。ただ、結ぶ位置によっては、バッグを開けづらくなる可能性もあるので注意が必要です。

斜めがけにぴったりのショルダーストラップの長さ

ショルダーバッグを斜めがけする際は、肩から対角線上の腰までの長さがおすすめです。これくらいの長さなら、バッグが脇に収まるので、歩きやすく、体にフィットします。

また、斜めがけする際は、バッグが身体の後ろ側に流れないように、やや短めの長さに調節するのも良いでしょう。バッグが前に来るように調節すれば、中の荷物を取り出しやすくなります。

ショルダーバッグの紐を短くしたい時の工夫

ショルダーバッグの紐を短くしたい時は、余った紐をバッグの中に入れ込むという方法があります。

具体的には、まず余った紐をバッグの中に入れ込みます。次に、バッグの口を閉じて、余った紐が見えないようにします。この方法なら、長さを調節するための金具がなくても、簡単に紐を短くすることができます。ただ、バッグを開ける際に、紐が邪魔になることがあるので、注意しましょう。

プロに依頼するショルダーバッグの長さ調節方法

ショルダーバッグの長さ調節、素材別

自分で調節するのが難しい場合は、プロに依頼するのも一つの方法です。ここでは、プロに依頼する際のポイントをご紹介します。

ショルダーバッグの長さ調節を依頼できる専門店

ショルダーバッグの長さ調節を依頼できる専門店としては、バッグ修理専門店革製品専門店などがあります。これらの専門店なら、経験豊富な職人が丁寧に長さを調節してくれます。

依頼する際は、まず希望の長さを測っておきましょう。また、バッグのデザインや素材などの情報も伝えると、スムーズに依頼ができます。料金は、素材や調節する長さによって異なりますが、1,000円~5,000円程度が相場です。

プロに長さ調節を依頼するのは、少しハードルが高く感じるかもしれません。でも、経験豊富な職人さんに任せれば、満足のいく仕上がりになりますよ!お気に入りのバッグを、ぜひ快適に使えるようにしてくださいね。

ウエストポーチの長さ調節をプロに頼むときのポイント

ウエストポーチの長さ調節をプロに依頼する際は、ベルトの素材を確認しておくことが大切です。

例えば、ナイロン製のベルトなら、長さ調節は比較的簡単です。一方、革製のベルトは、切断面の処理が必要になるため、料金が高くなる傾向にあります。また、ベルトの幅が太い場合も、長さ調節が難しくなるので、事前に専門店に相談しましょう。

ショルダーバッグの紐が固定されていて調整できない場合の対策

ショルダーバッグの紐が縫い付けられていて、長さ調節ができない場合は、紐を付け替える方法があります。

まず、古い紐を取り外します。次に、新しい紐を用意して、バッグ本体に取り付けます。紐を付け替える際は、バッグ本体の素材に合った糸を選ぶのがポイントです。また、紐の長さは、バッグを斜めがけした際に、ちょうど良い位置に来るように調節しましょう。

ただし、紐の付け替えは、素材によっては難しい場合もあります。その場合は、バッグ修理専門店に依頼するのが無難でしょう。

ショルダーストラップを伸ばしてもらうには

革製のショルダーストラップを伸ばしたい場合は、革専門店に依頼するのがおすすめです。

革専門店なら、経験豊富な職人が、専用の機械を使って、革を伸ばしてくれます。伸ばす際は、革の繊維を傷めないように、ゆっくりと時間をかけて行うのがポイントです。また、伸ばした後は、型崩れを防ぐために、型枠に入れて形を整えます。

革ストラップを伸ばす料金は、ストラップの長さや幅によって異なりますが、3,000円~8,000円程度が相場です。

ショルダーバッグに最適な紐の長さとは

ショルダーバッグに最適な紐の長さは、体型によって異なります

一般的には、ショルダーバッグを肩に掛けた際に、バッグの底が腰骨あたりに来る長さがおすすめです。この長さなら、バッグが体にフィットして、肩への負担も少なくなります。

また、ショルダーバッグを斜めがけする場合は、胸の前あたりに来る長さが良いでしょう。この長さなら、バッグが体に沿うので、安定感があります。ただし、あまり長すぎると、バッグが脇に収まりにくくなるので注意が必要です。

ショルダーバッグ作りに適したテープの長さ

ショルダーバッグを自作する際は、テープの長さを考えることが大切です。

作る際の目安としては、大人用なら120cm~130cm、子供用なら100cm~110cmがおすすめです。ただし、これはあくまで目安なので、実際に紐を体に当てて、長さを確認するのが良いでしょう。

また、テープの長さを決める際は、バッグのサイズも考慮しましょう。バッグが大きい場合は、テープを長めに設定する必要があります。逆に、バッグが小さい場合は、テープを短めにするのがポイントです。

ショルダーバッグの肩紐の通し方のコツ

ショルダーバッグの肩紐を通す際は、絡まないようにすることが大切です。

まず、バッグを平らな場所に置きます。次に、肩紐の片方の端からバッグに通していきます。この際、肩紐がねじれないように注意しましょう。また、バッグの内側に肩紐を通す場合は、バッグを裏返してから行うと良いでしょう。

肩紐を通し終えたら、両端の長さを調節します。左右の長さが均等になるように、調節するのがポイントです。最後に、肩紐を引っ張って、しっかりと固定されているか確認しましょう。

よくあるQ&A

Q. ショルダーバッグの紐が長すぎる場合、どうすれば良いですか?

A. 紐を内側に折り返して縫う、紐の端を結ぶ、余った紐をバッグの中に入れ込むなどの方法があります。また、プロに依頼して、長さを調節してもらうのも一つの方法です。

Q. ショルダーバッグの紐が短すぎる場合、どうすれば良いですか?

A. 紐を付け替える、紐を継ぎ足す、プロに依頼して紐を伸ばしてもらうなどの方法があります。ただし、素材によっては、長さ調節が難しい場合もあるので、注意が必要です。

Q. 革のショルダーバッグの紐は、自分で長さ調節できますか?

A. 革専用の接着剤を使えば、自分で長さ調節ができます。ただし、接着剤を使う際は、革の色落ちや硬化に注意しましょう。また、難しい場合は、革製品専門店に依頼するのがおすすめです。

まとめ

ショルダーバッグの長さ調節、素材別

ショルダーバッグの長さが合わないと、肩や首への負担が大きくなってしまいます。

そんな時は、自分で長さを調節したり、プロに依頼したりすることで、快適にショルダーバッグを使うことができます。

自分で調節する際は、バックルやナスカンなどの金具を使ったり、紐を内側に折り返して縫うなどの方法があります。

一方、プロに依頼する際は、バッグ修理専門店革製品専門店などに相談しましょう。

まとめ

  • 自分でショルダーバッグの長さを調節する方法がある
  • バックルやナスカンなどの金具を使って長さ調節ができる
  • 革製バッグは革専用の接着剤を使って長さ調節できる
  • 布製バッグは内側を縫って長さ調節するのがおすすめ
  • 長さ調節ができないバッグは紐を結ぶことで対処できる
  • 斜めがけには肩から対角線上の腰までの長さがぴったり
  • 紐が長い時は余った部分をバッグの中に入れ込む工夫も
  • プロに依頼する場合はバッグ修理専門店や革製品専門店に相談
  • プロに依頼する際は希望の長さやバッグの素材情報を伝えるのがポイント
  • 革ストラップを伸ばすには革専門店に依頼するのが無難
  • ショルダーバッグの最適な紐の長さは体型によって異なる
  • ショルダーバッグ作りの際はテープの長さにも注目

ショルダーバッグは、長さを調節することで、より快適に使うことができます。

ぜひ、自分に合った長さに調節して、ショルダーバッグを楽しんでくださいね。

-お手入れ・メンテナンス